Iラインの自己処理方法どんなものがあるの?注意点とポイント

自己処理しようにも、よく見えないしデリゲートゾーンの処理ってなんだか怖い…そんな人も多いのではないでしょうか。

脱毛エステに通ったこともあるけれど、IラインやOラインは恥ずかしくてお願いしなかった、という声もよく聞きます。

そこで今回は、自宅でできる自己処理方法と、知っておいた方が良いメリット、デメリットを紹介します!

Iラインの自己処理方法どんなものがあるの?

自己処理方法

  • 毛抜きでの自己処理
  • カミソリでの自己処理
  • 除毛クリームでの自己処理

毛抜きでの自己処理

毛抜きはカミソリと違い毛根から抜くため、自己処理の後ジョリジョリの状態にならないというメリットがあります。
ただ、Iラインは皮膚が薄く、一本一本の毛を抜くだけでもかなり痛いです。鳥肌のように肌がブツブツとダメージを受けてしまう可能性も。加えて、Iラインの毛は見えにくく、全てを完全に抜くのは困難。
あくまで他の処理方法と併用するのが良いでしょう。

カミソリでの自己処理

カミソリ

おそらくこれが一番一般的な自己処理方法です。
伸びてきた時のチクチク感は否めないですが、痛みも伴わず、見えにくくても大方のIラインの毛を剃ることができます。

刃こぼれしたカミソリなどはかえって皮膚を傷つける危険があります。
新品のカミソリで内から外、の方向に剃るのがおすすめです。
最近はお風呂でも使える電気シェーバーなども便利です。

ただ、電動の脱毛器はご法度。Iラインの毛量が多いと毛を巻き込もうとする脱毛器の力が働きすぎて、皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。
電気製品を使うのはあくまで脱毛ではなくシェービングのみにしましょう。

除毛クリームでの自己処理

除毛クリームでの自己処理も大変危険です。足への使用が問題ないのはクリームが皮膚にしか触れないからです。

Iラインの場合は粘膜に触れてしまうリスクかあります。
刺激の強い除毛クリームが触れると、炎症トラブルにつながる危険があることを忘れないようにしましょう。

その他の自己処理方法

最近ですと、糊のような液体を塗って剥がすワックス脱毛や、脱毛サロンがプロデュースしている光脱毛器などもあります。
ワックス脱毛は上手に塗って毛流れに沿って剥がすスキルが必要ですが、終了後のつるつる感は他に勝るものなし。
光脱毛器などは完了までに時間がかかるのが難点ですが、半永久的な効果を求める人には良いでしょう。

また、アナログなツールですとアンダーヘア用のスキバサミやカッターも販売されています。
無毛にはできませんが、Iラインの毛を受け入れた上で毛量を減らしたい、というニーズにはマッチした商品です。

意外と人に聞けないIラインの自己処理方法。危険な方法を避け、安全で自分に合った処理方法を試してみましょう。

You may also like