デリケートゾーンは黒ずみになりやすいって知っていましたか?

他の部分よりもお手入れがしづらい上に、黒ずみになりやすいとなると、どうして良いかわからず、放っておくという人も多いと思います。

ただ、黒ずみケア方法を実践すれば、デリケートゾーンだって、きちんと美白できるのです。

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、どの方法が1番おすすめなのか、いろいろな方法を比べてみました。

デリケートゾーンに黒ずみができる原因は自己処理だった

デリケートゾーンに黒ずみができる1番の原因は、自己処理です。

デリケートゾーンの中でもとくに黒ずみができやすいIラインは、とても刺激に弱い部位なので、下着との摩擦が起きただけでも、すぐに黒ずみができてしまいます。

それほどか弱いIラインに、カミソリ、毛抜き、除毛クリーム、ワックスなどを使ってアンダーヘアのお手入れをするということは、相当強い刺激を与えているということです。

自己処理グッズ

考えただけでも恐ろしくなりますよね。

「アンダーヘアのお手入れをきちんとしていて、Iラインを清潔にしているのに、どうして黒ずみが一向に良くならないの?」と思っていた人もいるかと思います。

私もIラインのムダ毛にいろいろな方法で自己処理をしてみたときに、黒ずみがひどくなりました。

実際、自己処理を続けると、どんどん黒ずみが色素沈着して取れなくなってしまうので、Iラインの黒ずみに悩んでいる人はかなり多いみたいです。

これ以上黒ずみが悪化しないようにするために、今すぐ自己処理をやめましょう。

黒ずみを改善するならどの方法が1番おすすめなの?

私がデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいたとき、改善方法をいろいろ調べてみたんです。

そのときに、簡単な方法から、かなりお金がかかる方法まで、いろいろあるのを知りました。

調べてわかったいろいろな黒ずみ改善方法

  • ヨーグルトでパックする
  • 重曹で洗う
  • 専用石鹸で洗う
  • 美容皮膚科で治療
  • クリームを塗る
  • ヨーグルトでパックするのも、重曹で洗うのも、実際にやってみた人の口コミをネットで読んでも、黒ずみを根本的に解決できないみたいでした。

    そこで、多少お金がかかってもきちんと美白できそうな方法、「専用石鹸で洗う」「美容皮膚科で治療」「クリームを塗る」という3つの中からどれかひとつを選んで、黒ずみケアするのが良いと思いました。

    クリーム?石鹸?どの方法が1番いい?黒ずみ改善方法のメリットとデメリット

    やっぱりデメリットの少ない方法で黒ずみケアをしたかったので、料金はいくらか、きちんと効果があるか、美白できるまでの時間はどのくらいか、安全におこなえるのかという4つを比べてみました。

    料金 効果 時間 安全性
    専用石鹸で洗う ×
    美容皮膚科で治療 ×
    クリームを塗る

    専用石鹸で洗うのはやっぱりコスパが悪い

    Iラインをデリケートゾーン専用の石鹸で洗うと、黒ずみやニオイが解消されていくそうです。

    デリケートゾーン専用石鹸の公式サイトなどで期間を調べてもよくわからなかったので、口コミを読んでみたら、ニオイは1〜2週間くらいで解消されても、黒ずみは石鹸を使い続けてもなかなか効果を実感できないみたいです。

    どのくらい継続すれば良いのか曖昧だし、1個5,000円弱のデリケートゾーン用石鹸をずっと使い続けるのはお金がかかるし、やっぱりコスパが悪いです。

    美容皮膚科は料金が高くてそもそも無理

    美容皮膚科では、レーザー治療、ケミカルピーリング、塗り薬などの方法で黒ずみを改善することができます。

    ムダ毛にレーザーを当てる脱毛とはワケが違って、デリケートゾーンの皮膚に直接レーザーを当てるのは怖いし、どうしてもリスクが伴ってしまうのが難点ですね。

    治療は1回からでも受けられますが、だいたい3ヶ月ごとに5〜6回受けないといけないので、キレイになるまでは1年以上かかるそうです。

    美容皮膚科での黒ずみ治療は健康保険が使えないことから、10万円くらい治療費がかかることになります。

    効果は高いかもしれませんが、なるべくコストを抑えたいということもあって、料金が高くて時間がかかる美容皮膚科での治療は諦めました。

    クリームは効果を実感するまで長くても3ヶ月しかかからない

    黒ずみ改善用のクリームでデリケートゾーンを美白するという方法は、早ければ数日で効果がある人もいるそうです。

    長くても3ヶ月くらいで効果が実感できるそうなので、料金は多くても2万円かからないくらいでしょうか。

    肌が敏感なデリケートゾーンに使えるクリームは、刺激が強くないということで、お肌が弱い私でも安心して使えると思いました。

    3ヶ月かかったとしても、他の方法に比べてデリケートゾーンの黒ずみ解消にはクリームケアがベストですね。

    デリケートゾーンの黒ずみ改善にはクリームケアがおすすめ

    クリーム

    デリケートゾーンの黒ずみを改善するなら、「料金」「効果」「時間」「安全性」から見て、クリームケアがベストです。

    ただ、クリームにもいろいろな種類があります。

    デリケートゾーンに使えないクリームを使うと、肌へ刺激を与えて、黒ずみがさらに悪化してしまう可能性があるので注意してくださいね。

    クリームケアするなら、まずはデリケートゾーンに使えるということを前提にクリームを選びましょう。

    黒ずみ改善に効果的なクリームを選ぶときに重視したい3つのポイント

    デリケートゾーンの黒ずみをクリームケアで改善しようと思っても、実際どんなクリームを選んだら良いかイマイチわからないと思います。

    黒ずみ改善に効果的なクリームを選ぶときには、重要視したいポイントがいくつかあります。

    そこで、デリケートゾーンの黒ずみ改善に効果的なクリームの選び方をまとめてみました。

    黒ずみ改善に効果的なクリームの選び方
    • 美白効果のある「トラネキサム酸」が含まれること
    • 肌荒れを防止する「グリチルリチン酸2K」が含まれること
    • 肌への刺激を与えてしまう「添加物」が含まれていないこと

    美白効果のある「トラネキサム酸」が含まれること

    黒ずみケアに効果的な美白成分である、「トラネキサム酸」が含まれていることがとくに重要になります。

    トラネキサム酸が含まれるクリームは、厚生労働省に認可されている医薬部外品なので、しっかりとした効果や効能に期待できるのです。

    むしろ、この成分が含まれていないクリームでは、美白効果に期待できないかもしれません。

    美白クリームを選ぶ大前提として、「トラネキサム酸」が含まれているかどうかを、必ずチェックしましょう。

    肌荒れを防止する「グリチルリチン酸2K」が含まれること

    肌へなるべく刺激を与えないようにするためには、「肌荒れくらいで…」と油断してはいけません。

    Iラインは一度肌荒れを引き起こしてしまうと、治りにくく、跡も残りやすいので、しっかりと肌荒れを防いでおく必要があります。

    「グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)」の力で、お肌の調子を整えて、肌荒れを防止しておくことが大切です。

    肌への刺激を与えてしまう「添加物」が含まれていないこと

    デリケートゾーンは、全身の中でもとくに刺激に敏感な部分です。

    赤ちゃんにも使えるような、お肌に優しいクリームなら、デリケートゾーンにも安心して使えますよね。

    お肌に優しいクリームは、やはり無添加であることが大事です。

    クリームによく含まれている合成・香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラペンが一切含まれていないものを選びましょう。

    市販のスキンケアクリームは黒ずみケアに向いていない

    薬局やドラッグストアで購入できる市販のスキンケア用クリームは、黒ずみの美白には向いていません。

    たとえるなら、ニベアの青缶、オロナイン軟膏ではデリケートゾーンの美白ができないということですね。

    なぜ黒ずみケアに向いていないかと言うと、これらのスキンケア用のクリームには添加物が配合されていて、美白成分である「トラネキサム酸」が含まれていないからです。

    やはり、デリケートゾーンの黒ずみをクリームケアするなら、黒ずみケア専用のクリームを使ったほうが良いでしょう。

    クリームケアするなら評価の高いイビサクリームがおすすめ

    イビサクリーム

    クリームケアでデリケートゾーンを美白するには、黒ずみケア専用のホワイトニングクリームを選びましょう。

    数あるホワイトニングクリームの中でも、私のおすすめは、赤ちゃんにも使えるくらい、ほとんど肌へ刺激を与えないイビサクリームです。

    黒ずみの原因であるメラニンが作られるのをしっかりと抑えて、肌荒れも防止してくれます。

    そんなイビサクリームの口コミでの評価と、実際に使ってみた感想をまとめました。

    イビサクリームの口コミ評価

    イビサクリームは、公式サイトで「早ければ数日、遅くても4ヶ月目くらいから効果がある」と言われているように、効果が出るまでかなり個人差があるようでした。

    20代前半/女性

    イビサクリームはいろいろな雑誌に取り上げられていたので、ずっと気になっていました。ニオイは無臭、半透明な色で、とても伸びが良いクリームです。塗ったあとにはお肌がしっとりして、乾燥も防げるところが良いですね。3週間くらい使っていますが、まだ美白効果を実感できていません。ただ、肌のターンオーバーが関係しているみたいなので、これからもしっかり使い続けていきたいと思います。

    20代後半/女性

    使い始めて2ヶ月経ち、2本目を使い終わりました。Iラインの黒ずみが気になっているので、毎日塗っています。塗るとスベスベになってベタつかないのが良いですね。さっぱりした使用感なので、夏場も問題なく使えそうです。なんとなく美白されたような気はしますが、効果をすごく実感しているわけではないので、しばらく使い続けてみます。

    実際にイビサクリームを使ってみた

    イビサクリーム

    口コミでも評価が高かったイビサクリームを実際に使ってみました。

    私はべたっとしたボディクリームやハンドクリームが苦手なんですが、イビサクリームは乳液みたいな感じなので、塗ったあとも一切べたつきません。

    Iラインに使っても、とくにお肌が赤くなったりヒリヒリしたりということもなくて、全く問題がなかったです。

    私は、いろいろな自己処理を試していたせいか、黒ずみがひどかったみたいで、だいぶ良くなってきたと感じるまでに3ヶ月以上かかりました。

    ただ黒ずみが悪化していた私でもきちんと美白効果があったので、これからも安心して使い続けられるなとホッとしました。

    いろいろな方法を比べてみて、1番良いと思ったクリームケアで、しかも口コミでの評価が高いイビサクリームはしっかりとした効果を感じられるんだと実感しました。

    赤ちゃんにも使えるほど肌に優しいイビサクリームがおすすめ

    デリケートゾーンの黒ずみを改善するなら、私はイビサクリームをおすすめします。

    • トラネキサム酸が含まれていてしっかりと美白効果がある
    • 肌荒れを防止する成分と8種類の保湿成分が配合されている
    • 天然由来の成分を使っていて添加物が一切含まれていない

    >> イビザクリームの公式サイトはこちら

    自己処理のリスクを考えたらミュゼにいくのが正解!
    10月31日までのミュゼの「キャンペーン」なら、両脇とVライン+全身から好きな部位2ヶ所が選べるので、I.Oを選べばvioをまとめて脱毛しても300円で脱毛できます。

    正直、ヒートカッターやシェーバーより安い…

    黒ずみや埋没毛で「あそこが汚くなるリスク」を考えるなら、ミュゼのキャンペーンで気軽に脱毛してしまいましょう。

    >> ミュゼの公式サイトはこちら