皆さんは、Iラインの処理はどうされていますか?なかなか人に聞けないし、脱毛サロンで処理というのも、部位が部位なので、恥ずかしくて抵抗がある、という方も多いと思います。

Iラインなんて、特定の方にしか見られない部分ですので、サロンで知らない方に見られることに抵抗を持つのは当然のことだと思います。私は産婦人科の先生でも嫌ですよ(笑)

Iラインはデリケートな部分ですので、自己処理を行う際は慎重に行ってくださいね。

アンダーヘアの長さをカットして整える、程度の処理から、全ての毛をカミソリで剃ってしまう!という処理まで、その方その方で自己処理の方法や満足度は違うと思いますが、まずは基本のアンダーヘアを整えることから始めてみたしょう。

Iラインの基本の処理方法

水着のVIO

水着は下着を着用して、はみ出た部分をハサミでカットし、水着や下着で、隠れている部分でも、毛が飛び出しているような部分はカットします。はみ出た部分は、除毛クリームを塗ってカミソリで剃ります。

除毛クリームを塗らずに剃ると、炎症を起こし、赤くなったり、ヒリヒリしたり、不快な症状を伴ってしまいます。手触りも、除毛クリームを塗らずに剃るとブツブツ、ザラザラしてしまいますよ。必ず除毛クリームを塗ってくださいね。

Iラインの自己処理には除毛クリームがおすすめの理由

これで完了、でもいいのですが、物足りなくて、毛抜きで抜いてしまう方も多いです。ツルツルにしてしまいたい方も多いとは思いますが、アンダーヘアは他の部分の毛よりも太く、根っこが深いので、抜いてしまうと、出血してしまうことがあります。

埋没毛に注意 抜く自己処理は禁止

抜く自己処理は、炎症を起こしたり、処理した後に、埋没毛になってしまいやすいのです。生理などでかぶれたり、ムレたりすると、炎症が治りにくく、さらに不快な症状を伴いますので、できればアンダーヘアの処理は、毛抜きは使わないようにしましょう。

除毛クリームには、カミソリや電気シェーバーで処理するものと、塗るだけで脱毛できるものとあります。毛抜きで抜いてしまわなくても、これらの方法でじゅうぶん綺麗に処理できます。毛抜きで抜く痛みや、後のトラブル、費やす時間を考えても、毛抜きはおすすめできません。

自己処理を終えたら、実際に水着や下着を着用してみて、はみ出ていないか鏡で確認をしたり、手で触って確認してみてください。除毛クリームを使って自己処理をしても、トラブルがないとは言い切れませんので、何かお肌に異常が現れた場合は、皮膚科の受診をお勧めします。