自己処理で一番困るのが、デリケートゾーンですよね。中でも、Iラインは特に痛みを感じやすく、デリケートな部分。かといって、放置しておくとジャングルに…。見た目も悪いばかりか、蒸れて衛生的にもよくありません。そこで、どのように処理するのがいいのかをご紹介したいと思います。

Iラインを皮膚に負担をかけないで処理するなら医療レーザー脱毛

soi

まず、一番皮膚に負担をかけず心身ともに楽なのは、医療レーザー脱毛です。いまは、5万も出せば効果を感じられるレベルまで脱毛できるはずです。5万円で自己処理のストレスから開放されるのであれば、安いものかもしれません。勧誘がしつこくない脱毛専門のお店もありますし、キャンペーンなどでお安く実施できることもあります。下調べをしっかりしていきましょうね。

学生さんなどでお金がない!脱毛にお金はかけたくない!というかたにおすすめなのは、シェーバーです。シェーバーは、カミソリよりも肌への負担が少ないのです。手がすべったとしても怪我をする心配もありません。デリケートな部分だからこそ、シェーバーを使用しましょう。

シェーバーでは満足できない!チクチクするのがいやだ!というかたは、今話題のブラジリアンワックスをするのも手です。ワックスを塗って一思いにはぐので、速効性はあります。しかし、やはり痛みは必須です。それに、デリケートな部分ですので人によっては炎症を起こすこともあります。

痛いのもいやだ!というかたは、もう地道に毛抜きで抜いていくのがいいでしょう。もちろん、毛抜きはリスクが高いです。毛穴に細菌が侵入してかゆみや痛みにつながったり、埋没毛となったりと、トラブルの元になります。密生した濃い毛を地道に抜いていくのでは、膨大な時間もかかります。無理な体勢も体を痛めます。無理せず、レーザー脱毛かシェーバーでの処理をおすすめします。

絶対にNG Iラインの脱毛クリーム

絶対にやめてほしいのは、脱毛クリームです。Iラインは、粘膜にかかった非常にデリケートな部分。そんなところに刺激の強い脱毛クリームを塗れば、真っ赤に晴れ上がること請け合いです。しかも、デリケートゾーンの毛は濃く剛毛ですので、脱毛クリームではほぼ除毛できません。

いかがでしたか?自己処理の方法にもいろいろとありますが、やはりプロにお任せして確実な効果を得るのが一番の近道かもしれません。女子の宿命ともいえる毛の自己処理。デリケートな部分も処理を怠らない女子の隠れた努力にあっぱれです!