リスクを負わないIラインの基本の処理方法

皆さんは、Iラインの処理はどうされていますか?なかなか人に聞けないし、脱毛サロンで処理というのも、部位が部位なので、恥ずかしくて抵抗がある、という方も多いと思います。

Iラインなんて、特定の方にしか見られない部分ですので、サロンで知らない方に見られることに抵抗を持つのは当然のことだと思います。私は産婦人科の先生でも嫌ですよ(笑)

Iラインはデリケートな部分ですので、自己処理を行う際は慎重に行ってくださいね。

アンダーヘアの長さをカットして整える、程度の処理から、全ての毛をカミソリで剃ってしまう!という処理まで、その方その方で自己処理の方法や満足度は違うと思いますが、まずは基本のアンダーヘアを整えることから始めてみたしょう。

Iラインの基本の処理方法

水着のVIO

水着は下着を着用して、はみ出た部分をハサミでカットし、水着や下着で、隠れている部分でも、毛が飛び出しているような部分はカットします。はみ出た部分は、除毛クリームを塗ってカミソリで剃ります。

除毛クリームを塗らずに剃ると、炎症を起こし、赤くなったり、ヒリヒリしたり、不快な症状を伴ってしまいます。手触りも、除毛クリームを塗らずに剃るとブツブツ、ザラザラしてしまいますよ。必ず除毛クリームを塗ってくださいね。

Iラインの自己処理には除毛クリームがおすすめの理由

これで完了、でもいいのですが、物足りなくて、毛抜きで抜いてしまう方も多いです。ツルツルにしてしまいたい方も多いとは思いますが、アンダーヘアは他の部分の毛よりも太く、根っこが深いので、抜いてしまうと、出血してしまうことがあります。

埋没毛に注意 抜く自己処理は禁止

抜く自己処理は、炎症を起こしたり、処理した後に、埋没毛になってしまいやすいのです。生理などでかぶれたり、ムレたりすると、炎症が治りにくく、さらに不快な症状を伴いますので、できればアンダーヘアの処理は、毛抜きは使わないようにしましょう。

除毛クリームには、カミソリや電気シェーバーで処理するものと、塗るだけで脱毛できるものとあります。毛抜きで抜いてしまわなくても、これらの方法でじゅうぶん綺麗に処理できます。毛抜きで抜く痛みや、後のトラブル、費やす時間を考えても、毛抜きはおすすめできません。

自己処理を終えたら、実際に水着や下着を着用してみて、はみ出ていないか鏡で確認をしたり、手で触って確認してみてください。除毛クリームを使って自己処理をしても、トラブルがないとは言い切れませんので、何かお肌に異常が現れた場合は、皮膚科の受診をお勧めします。

Continue Reading

Iラインの自己処理には除毛クリームがおすすめの理由

脱毛サロンでVIOラインすべての脱毛を行う人も多くなりました。見た目的なお手入れという目的ももちろんですが、清潔さを保つため、また匂い対策として行っている人も多くなりました。

ただ、脱毛サロンに行くには時間がない。また、脱毛サロンは料金がいまいち不明確だったり、高額だったりということで、なんとか自宅でお手入れできないものかと思う人も多いと思います。

自宅でお手入れをするメリットとしては費用があまりかからない、また時間のある時、気が向いたとき、突然の必要性に応じてできるところです。

気をつけたいIラインのお手入れ

ただ、手足と違いIラインのお手入れには気を付けないといけない点がいくつかあります。まず、とてもデリケートな部分だということ。そして第二には皮膚が薄いのでうまく処理しないとチクチクしたり不快感があったりという点です。

  • デリケートな部分
  • 皮膚が薄い

今は美容器具としての自宅用脱毛器具もあるので、それでお手入れすることもできます。しかし、美容脱毛器具というのは一般的に高額なことが多いのが難点です。そこでおすすめなのが、除毛クリームです。

Iラインの自己処理には除毛クリームがおすすめ

まず、除毛クリームを使用する前にIライン部分を清潔にしましょう。シャワーを浴びて洗い、清潔にしてからお手入れを始めます。このときただ洗うだけではなくて、角質処理をしておくとなおよいです。

ただし、Iラインは前述したとおり大変デリケートな部分なので、肌に負担をかけるピーリング剤を使うのは避けた方が無難です。そのさいおすすめなのが、ロゼットから発売されているロゼットゴマージュというジェルです。

ロゼットゴマージュ

これは顔や身体に使うものですが、刺激が少ないのでIラインにも使うことができます。ただし、最初は一度少量で狭い範囲でパッチテストを行うといいですね。

Iラインの洗浄後ロゼットゴマージュを使って角質処理をすると、皮膚がすべすべになるのでその後のお手入れがしやすく、しっかりとお手入れできるというメリットがあります。

角質処理ののちすぐに除毛クリームを使ってもよいのですが、皮膚が敏感な人や肌荒れが心配な人は数時間後にするか翌日に行うのがベターです。

お手入れにはveet除毛クリームを使います。

veet除毛

安全ガードの付いたシェーバー等で剃っても構わないのですが、シェーバーの場合、毛の断面が大きくなるのですぐにチクチクしてしまうという難点があります。また、Iラインは自分の目で確認しにくい場所ですので、万が一切り傷を作ったりするのは避けたいですよね。そういう点で、除毛クリームがおすすめです。

除毛クリームを手に取りIラインにそっと塗っていきます。塗り残しの部分がないように気を付けましょう。その後5分ほど置いてからシャワーで流しつつ、付属のスポンジで優しくクリームを塗った部分をふき取るように洗い流します。このときもごしごしと摩擦してはいけません。皮膚が薄いので、ヒリヒリする原因になってしまいます。あくまでも優しく丁寧に行うことが肝心です。

あらかたクリームを除去したら、あとはぬるま湯できちんと洗い流します。洗い流しのないように気を付けましょう。除毛クリームは毛の断面が広くならないので、Iラインがチクチクするようなことも少なくて済みます。また、1,500円ほどの出費で数回お手入れができますから経済的です。

除毛処理後はなにもつけず、そのまま清潔に保つようにしましょう。見た目ももちろんですが、これだけのお手入れで気になる匂い対策にもなります。

Continue Reading

Iラインの自己処理方法どんなものがあるの?注意点とポイント

自己処理しようにも、よく見えないしデリゲートゾーンの処理ってなんだか怖い…そんな人も多いのではないでしょうか。

脱毛エステに通ったこともあるけれど、IラインやOラインは恥ずかしくてお願いしなかった、という声もよく聞きます。

そこで今回は、自宅でできる自己処理方法と、知っておいた方が良いメリット、デメリットを紹介します!

Iラインの自己処理方法どんなものがあるの?

自己処理方法

  • 毛抜きでの自己処理
  • カミソリでの自己処理
  • 除毛クリームでの自己処理

毛抜きでの自己処理

毛抜きはカミソリと違い毛根から抜くため、自己処理の後ジョリジョリの状態にならないというメリットがあります。
ただ、Iラインは皮膚が薄く、一本一本の毛を抜くだけでもかなり痛いです。鳥肌のように肌がブツブツとダメージを受けてしまう可能性も。加えて、Iラインの毛は見えにくく、全てを完全に抜くのは困難。
あくまで他の処理方法と併用するのが良いでしょう。

カミソリでの自己処理

カミソリ

おそらくこれが一番一般的な自己処理方法です。
伸びてきた時のチクチク感は否めないですが、痛みも伴わず、見えにくくても大方のIラインの毛を剃ることができます。

刃こぼれしたカミソリなどはかえって皮膚を傷つける危険があります。
新品のカミソリで内から外、の方向に剃るのがおすすめです。
最近はお風呂でも使える電気シェーバーなども便利です。

ただ、電動の脱毛器はご法度。Iラインの毛量が多いと毛を巻き込もうとする脱毛器の力が働きすぎて、皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。
電気製品を使うのはあくまで脱毛ではなくシェービングのみにしましょう。

除毛クリームでの自己処理

除毛クリームでの自己処理も大変危険です。足への使用が問題ないのはクリームが皮膚にしか触れないからです。

Iラインの場合は粘膜に触れてしまうリスクかあります。
刺激の強い除毛クリームが触れると、炎症トラブルにつながる危険があることを忘れないようにしましょう。

その他の自己処理方法

最近ですと、糊のような液体を塗って剥がすワックス脱毛や、脱毛サロンがプロデュースしている光脱毛器などもあります。
ワックス脱毛は上手に塗って毛流れに沿って剥がすスキルが必要ですが、終了後のつるつる感は他に勝るものなし。
光脱毛器などは完了までに時間がかかるのが難点ですが、半永久的な効果を求める人には良いでしょう。

また、アナログなツールですとアンダーヘア用のスキバサミやカッターも販売されています。
無毛にはできませんが、Iラインの毛を受け入れた上で毛量を減らしたい、というニーズにはマッチした商品です。

意外と人に聞けないIラインの自己処理方法。危険な方法を避け、安全で自分に合った処理方法を試してみましょう。

Continue Reading